巡礼旅日記タイトル
mouretsu.netホームへ 作者紹介ページへ はじめにページへ


写真をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます。
巡礼016人の世に確かなものは少ないけれど、
これほど確かなものがあるだろうか。

寒い冬が去って、少し風が暖かくなって、少し陽が長くなった頃、
必ず、この土手に美しい桜の花が咲く。
人の世にどんなことが起こっていようと、何が変わっていようと、
桜の花が咲かないことは一度も無い。

当たり前のことだけど、決して違えられることのない確かな約束が
こんなところにあったことを、
あらためて感じさせてもらった春の昼下がりでありました。
第十六回 淀川河川敷公園 【大阪市北区】14.04.15        




no.015
no.015へno.017へno.017