タイトル 「砂川商店」の店主プロフィール1タイトル
1写真
mouretsu.net homeへ

初めてこちらのHPに原稿を書かせて頂きます。
一応、文章を生業にしているものですが、
皆さんの文章力に圧倒されたというか、スゴすぎる…と、
正直に思ってしまいました。ホンマですよ!
そこで、小生の稚拙な文章力のボロが出ないよう、
軽いタッチに徹することにしました…ははは
…すでにボロ出まくりだよね…(泣)
さて、そんなことはさておき、
このHPでは、これまで携わってきた番組や、
タレントさんらのエピソードを中心に>
お伝えしていこうと思っています。
記念すべき第1回は、小生が放送作家として
初の深夜番組の制作スタッフに
参加したときの話でおます。

かれこれ25年以上も前の話である。
当時、コピーライター&放送作家(構成作家)
として、どっちつかずの仕事をしていた頃
(まっ、今もそうですけど…)、
初めての深夜レギュラー番組を頂いた。
それが、よみうりテレビの「今夜はイッキに!」
である。司会はオール阪神・巨人さんと、
元力士の芸人、隼てんこもり君。

番組の内容を簡単に言えば、街中で素人さんを
つかまえ、強引にカラオケを歌ってもらおう
という当時としては画期的な(?)番組だった。
てんこもり君が背中に大きなモニターを背負って
歩いている姿は、とってもインパクトが
あったのを覚えている。

構成作家は3人で、小生はもちろん一番下っ端。
作家というよりは、ロケ当日にADの男の子と
2人で、ロケ隊よりも先回りして通行人を
つかまえ「今から阪神さん、巨人さんが
歩いてくるねんけど、カラオケ歌わへん?」
みたいな感じで直前に出演交渉をするという、
いわば戦国時代の足軽みたいな存在。

関西中心のロケだったが、
沖縄なんかも行ったりして思い出深いロケも
たくさんあった…
そう、あれは忘れもしない
心斎橋~長堀界隈でのロケである。

当時、小生の事務所は大阪市南区
(現在の中央区)南船場にあり、
心斎橋とは目と鼻の先。
だから庭みたいなもんだ!と
意味もなく興奮していた。
この日も小生はロケ隊よりも先回りして、
カラオケを歌ってくれそうな
通行人を必死に探していた。

番組タイトル「今夜はー」というように
基本的に夜ロケである。
夜はいろんな人がいてるから面白い。
遠くに仲の良さそうなカップルが見えた。
おっ、デュエットなんかええんちゃう!と
勝手に出演OKをもらったみたいに
テンション上がりまくりのボク!

カップルに近づく!2人の顔が見えた!
「あっ!」。
女性は当時、小生が淡い恋心を抱いていた
イラストレーターのNさん。
男性は小生の事務所で間借りしていた
コピーライターのM君ではないか?
「な、なんで・・・」。
お互いにそう思ったに違いない。
2人は一瞬、つないでいた手を離した
…ように見えた…
「(絶叫)Nさーん!!」

今はご結婚されて、お孫さんもおられるとか…
ちなみにNさんのことを、当時このHPの
管理人もぞっこんだったそうだ(艶笑)