フォーマット1mouretsu.netホームへフォーマット2
Vol.4表紙へはじめに頁へ第一章ペーージへ第二章頁へ第三章頁へ取材を終えて頁へ作品の購入頁へフォーマット3

第二章イメージ

第二章#1タイトル
 
そして、厚かましくも1か月後、藤本さんの作業場におうかがいしました。
 
ーお忙しいところ、どうもすみません。
 
藤本   いやいや、構いませんよ。私にでけることでしたら何でも…。
 
ーありがとうございます。
 
藤本   得意先から、ペンダントにシャンデリアをイメージした模様を
入れて欲しいと、もう何度か注文いただいた分で、
ガラスの型の違う分4個ほど見本作ったのですが、
これを作りながらどんな事やってるのか見てもろたら…。
 
ーよろしくお願いします。
 
 
第二章1-1写真
藤本   こういう模様をつけるんです。
 
ー下書きはされるんですか
 
藤本   はい、ちゃんと下書きをして、
直線だったらこんなこと無いんですけども。

真っすぐやったらチョボからチョボへ
まっすぐ引けばいいんですけど、
カーブはねぇ同じものが出来ませんねん。
マジックで下書きして最初に線入れて…。

一日どれだけ売上なアカンとか、
お金儲けにこだわる必要が無いですから、
自分の仕事のしやすいようにやってるわけなんです。

これだけのカーブを作るのには、グラインダーは小さいのです。
ちょっと止まったら、段がつきますねん。
しゃくられますしね、引っ張られます、滑らすこともあります。
 
※グラインダーにかける。
 
藤本   仕上がりがこれです。
こう付きますねんね。
割り出し言うて、ソケットの付くところをね、
人間の勘ですってますんでね、
ものすご高低あるし。
 
第二章1-3写真
 
藤本   高さ決めるのに私の場合は、
こうやって同じ高さになるように型をはめてから線を引きます。
 
第二章1_4写真
 
藤本   こうやって…
ウチらの道具いうたら、ろくなもんがないんで…。
 
ーこれは手づくりなんですね。
 
藤本   これはコーヒーのフタやらね、木切れやらで、
役に立って道具になりますねん。
 
ーすばらしい!
 
藤本   めいめい工夫してね作るからね。
こういう丸いカタチのもんをね、
机に置いといたら転げて落ちますやろ。
せやからテープの輪っかに乗せたら動きませんし安定します。

こういうもんを身近にあるもんで工夫しますねん。
ハハハハ
 
ーなるほど〜
 
藤本   せやから丸いもんはコーヒーのフタとかほんまに役に立ちますねん。
これ何やったかな、水筒のフタやったかな
 
第二章1_5写真
 
ーほぉ〜
 
藤本   ハハハハ
と、思いますねんけどね、昔から使ってるやつですねんけどね、
何やったんかそこまで覚えてませんねん。
 
まえの頁へこの頁のトップへつぎの頁へ