もうれつな人たちヘッド1mouretsu.netホームへもうれつな人たちヘッド2
もうれつな人たちヘッド3もうれつな人たち表紙へもうれつな人たちhazimeniへもうれつな人たちvol.3第一章ページへもうれつな人たちvol.3第二章ページへもうれつな人たちvol.3第三章ページへもうれつな人たちvol.3番外編ページへもうれつな人たちvol.3西尾製作所ページへもうれつな人たちvol.3取材を終えてページへもうれつな人たちヘッド4
もうれつな人たちヘッド5

 

西尾さん顔   パサパサ、カリカリカリ言うのはね
万年筆の特有やね。
金ペンはそれがないねん。
金ペンはね、腰が柔らかいでしょ。
ほんでスーッと書ける。

これは金属の硬いヤツでしょ。
せやから先を研いでも硬いねん腰が。
腰が硬い言うことは弾力がペン先に、
書いてるうちにダンダン太なっていきよる。
滑りがようなって行きよる。
  3-3写真1

ーー

1本購入させていただきます。


ハハハハ

西尾さん顔   それを今準備してまんねや。

ハハハハ

ーー   これがメインですもんね。
ハハハハ
そりゃこんだけ喋らされて、
ほなさいならじゃなんでやねんってなりますわね。

ハハハハ

西尾さん顔   でも喋る言うこともね、
やっぱり常にやらなアカン。
長いこと喋ること無かった。
喋りだすと出てくるんやね、
長年染み付いとんねんな。
身に付いた言うより、…歳かな〜

ハハハハ

ーー   でもお父さんの話、分かりやすいですわ。
難しいことでも分かりやすく話してくれはる。

西尾さん顔   難しいのよう言わんもんな、
あんまりカシコないもん。ハハハハ

ーー
 
そんなん言うててお父さん賢いでしょ。

西尾さん顔   そんなことあらへんけど、
人との付き合いは上手いことしたな。

ーー
 
あ〜

西尾さん顔   やっぱ人との付き合いは大事やで。

ーー
 
それしないと商売できないですもんね。

西尾さん顔   そうそう、今なんか就職でけへんとか
なんやかんや言うてるのんありますやん。
まぁ頭ええ人やったらよう知らんけど、
一般やったらね、
やっぱり特技いうもん持って外へ出るいう、
人と接するいうことは
自分を偽ってたら絶対アカンわ。

やっぱり自分が正直にね。
笑われてもかまへんやん、
バカにしよったらバカにしよったで、
されたかされへんかったは
すぐ分かるんやからな。
まままそれは付き合いでやな、
まぁ見とれよと。

この人はエエ人やったらなとことん
付き合いしてもええなぁと。

ワタシはね、ほんまにエエお得意先に恵まれてね、
ウチみたいに小さいところが
大手のところと取引できる言うのは
信用性ですわな。
人間を信用してもらおうと思たらね…

ーー
 
それはお父さんの人柄ですわ。
そうじゃなかったら今みたいに初めて会った
何処の馬の骨とも分からない我々に
こんだけ貴重なお話し聞かせてるって
普通では考えられないですよ。

ハハハハ

西尾さん顔   でもねテレビの影響でワタシも変わった。
歳いったら信用が大事やなぁって思った。

インターネットで売りたい、
なんや言うたときも
大手の会社の社長でもね丁寧に断った。
これこれこういう事情やから、
もしか言うこともあるんやからね。

ウチから仕入れた物でもナンボで
マケいうんやなしにね。
買うたらその額にのっけて高う売るわけやから、
買うた人はその金額に
納得してる人もおるらしいけどね。

せやけど、買うて使おう思たら
なかなか書かれへんわ、
インクの入れ方も分からへんわ、
クリップは錆びとるわ、
みたいなクレームが来るやろ。
そういうもんは全部こっちに来るんや。
ウチは2000円で卸してまんねんって
言われへんやん。

ハハハハ

西尾さん顔   やっぱり、売った以上は責任持たなアカンから。高
けりゃそれだけの代償も大きいわ。
2000円やったら、
そうでっかって2000円をお返しすることが
できるけど…。
ま、なおすことができるからね
別にどうということはないねんけどね。

ーー

なんで高いこと売りはらへんのですか?

西尾さん顔 なかなかはけんから、
残ったら後ホラなアカン。

ハハハハ

西尾さん顔   いや、これね安う売っててもね
クレームする人はするし、
安うでエエもん回してくれはったって
喜んでくれる人もいる。
そりゃ喜んでくれる方がエエわ、今は。
若い時は儲けたらエエわてなもんや。

ーー

そりゃそうですわね。

西尾さん顔 こんなダース売りでやな、
何百ダース何千ダース売るのに、
そんなん一本一本インク入れて
試し書きして調べてたらやな日暮れてまうわ。
パパパやって袋入れて売るねんから。

ウエルいうてね東京のメーカーの
いっぱい売りにきよった。
というのはね、
なかなか小売り屋さん相手に物売ってたって
文具屋は昔から返品しよんねん。
そのくせ掛け率とかエエわけやないのに。

細かいでしょ、雑貨は。
ただ万年筆は高級品の部類に入っとったから。
こういう品物いうのはお目にかかられへんし、
こんなん作ってられへん。
第一4000円で作られへんもん。

ーー

第一万年筆で何千円台って
見たこと無いですね。

西尾さん顔 そやろ、何万円とかね。
せやからインターネットで売ってはる人はね、
そこそこで売ってるんですよ。
講釈が優れてね、
この商品は60年昔の貴重品やとね。

そういうの好きな人は
倶楽部作ってんねんね東京で。
東京ってそういうとこやね。
大阪は現実派やけど。

ーー

はぁーっ

西尾さん顔 東京はそういうの持ってはる人は
ごっつ持ってる。
ほんでまたよう知ってる。
ワシの分からんような事とか、
これはどこそこの万年筆やとか、日の出とか…。
ネットで調べはるんとかでね。
歴史を調べて。
それを喋ったらいかにも万年筆のツウみたいに。

せやから、ウチへ万年筆買いに来はったら
すぐ分かるわ。

ハハハハ


ーー
 
そうですか

西尾さん顔 何言うとんねやろ思てね。
万年筆は書けたらええねん。

ハハハハ

西尾さん顔   な、そうやろ。

ーー

そう言っていただくとかなり楽ですけどね
ワタシにしたら。

西尾さん顔 なんぼエエ歴史やらあったって
書けへんだらやなぁ宝の持ち腐れや。

ーー

お父さんエエ人でんな。

西尾さん顔 あんまりな欲出さんと商売してたら、
言いたいこと言える。
こんなね2000円とかで売ってたら、
要らんねやったらもうエエでって。
ただ単に気に入ってくれはったら
買うてくれはったらエエだけで、
もの言えるでしょ。
これが7000円で売ってたら
もっと丁寧にもの言うてるわ。

ハハハハ


ーー
 
こんだけ内情言うてしもていいんですか。

西尾さん顔 もうね今まで金銭的に儲ける商売言うのを
やってきたからな。
これからは皆さんに喜んでいただこうとな。

ハハハハ


ーー
 
そんな善人のお父さんの顔写しときますわ。


ハハハハ②

3-3写真2
3-3写真3
西尾さん顔   顔に出るでしょ。

ハハハハ


ーー
 
出てます出てます。ステキな笑顔〜

ハハハハ

西尾さん顔   万年筆買いに来た人でな、
やっぱり写真撮って送ってきてくれはった。

ーー
 
それならワタシも持ってきますわ。

ハハハハ

西尾さん顔   君らみたいにね厄過ぎて45~6から
55、6までは一番やりてやね。

ーー
 
おぉ、オレらやり手なんやて。

西尾さん顔   なんやかんや言うたかて、
それはね結局アホなこと言われへんし…

ハハハハ


ーー
 
言うてるんですけど。

ハハハハ

西尾さん顔   相手も自分と同年輩から気安うもの言えるけど、
上の人には敬語使わんならんて。

大体敬語もちゃんと使われへんのに、
舌もつれて言いたいことも言われへん。
ハハハハ 誠意を持って話したって、
何を言うてまんねんアホなこと言うてって
そういうこと言われしまへん。

自分らみたいに腹割って
パッパッと言えるんやったらやね、
少々のこと言ったって恥ずかしないけども、
上手いこと喋るいうのもそれが普通やもん。

気さくに話せる相手は、
向こうさんもね気さくにもの言えるやん。
ワシが難しいこと言うてね、
はいそうですか、
はいはいいうてなアカンかったらシンドイやん。

それに、こないアホなこと言うてたら
時間経つんも早いやろ。

ハハハハ

西尾さん顔   こんなんのほうが腹がわかってくる。
まして一杯飲んでたら余計や。

ハハハハ


ーー
 
お父さんはこういうペン先を触ったり、
細かい仕事を忍耐強くできる人なんですか?

西尾さん顔 いやいや、それねホンマ今まで
そんな仕事せえへんかってん。
嫌いやってん。
こういうのはやっぱり歳がさすんやな。

ーー

歳ですか。

西尾さん顔 今さらなぁ、外へ出て行く商売いうたって
わしら行ったかて、もう代が替わっとる。
息子の代になっとる。
ワシの息子でも50なっとるからな。

ーー

あぁそうですか〜。

西尾さん顔 商売でも同年輩なら腹わって
パッパッ言えて趣味も話も合うけど、
息子の代の子に昔の話したって、
何言うとんねんこのおっさんってなるやん。
商売でも、昔は安けりゃ売れたけど、
今は安うても売れんもんは
売れまへんって言いよる。
そういう時代になってきてる。

安いんは中国製があるやないかって、
万年筆はおまへんで、万年筆はワシぐらいやし。

ーー

お、お父さんカッコいい。

3-3写真4
ハハハハ

西尾さん顔   せやから言えるわけや。

ーー

経験がものを言わせるんですね。

西尾さん顔 なんやかんや、嫌いやなんや言うたって、
これで飯食うてきたんやから。

ーー

お父さん、エエ事言いはりますな。

西尾さん顔 ほうか、パッパッて出ることやけどな。
嘘やないから、ねえホンマのことやから
サーッと言えるから。
嘘いうてたらすぐばれるからな。
そんなつききれるもんやないからな。

ーー

お父さんかっこよろしいで。

西尾さん顔 ほうか!ありがとうございます!
ほんなら一杯持ってこうか。

ハハハハ