もうれつな人たちヘッド1mouretsu.netホームへもうれつな人たちヘッド2
もうれつな人たちヘッド3もうれつな人たち表紙へもうれつな人たちhazimeniへもうれつな人たちvol.3第一章ページへもうれつな人たちvol.3第二章ページへもうれつな人たちvol.3第三章ページへもうれつな人たちvol.3番外編ページへもうれつな人たちvol.3西尾製作所ページへもうれつな人たちvol.3取材を終えてページへもうれつな人たちヘッド4
もうれつな人たちヘッド5

 

 

西尾さん顔  

これはペン先屋に教えてもろうたんや。
せやけど、こんな万年筆屋やっててな
良かった思たんは、テレビに出てからや。

   

ハハハハ


ーー
 
それまではろくなことなかったんですか?

西尾さん顔   まぁろくなことないって事はないけど。
大体今はパソコンとかで字書く人が
少なくなってきましたやろ。



こっち見てくれる?上等なペン先や

ーー
 
きれいなペン先ですね。


  1-5写真1
西尾さん顔  

割れてるところが先に向かって
シュッと閉まってますわ。
キレイに仕上がってるでしょう。
滑りええやろ。


ーー
 
滑りいいですね。
これはちょっとした加減なんですか?

西尾さん顔  

そう、手のな。

こういうのはねインクが少なくなってきたら、
インクがここまで入ってるとしたら、
使ってるうちにダンダン減ってきますやろ
圧が薄なってきたら押されるわけ、
せやからインクが足らんようになってきたら
ポトッと落ちるようなこともあるわけ。
ほんで尻ネジの開きすぎ、
これやとインクがタンと出よるわけ。
穴が大きいから。

チョビっとだけ回してみたら半分閉まって
半分空いてるから流れるのが普通で、
全開にしてしまうと、
インクが流れすぎてしまう。
だから、ペン芯とペン先の先の間に
インクが溜まってしまう。
せやから書いてて常に、
ペン芯とペン先の先の間を見るのよ。

書いてたら見てられへんけど…
ハハハハ
長いこと書いてれば分かる。
ってお客さん言うてた。
  ここに注視図

ハハハハハハ

ーー   お客さんですか。

ハハハハ

西尾さん顔   ウチ来てその同じ万年筆買うていって
喜んではった。
はじめのうちは日記帳見たら、
ボタッボタッて漏ってた。

ーー

あぁなるほど。

西尾さん顔 今はキレイに漏らんようになったって。
この調整が分かったって。

尻ネジが開きすぎると穴が大きく開くでしょ。
止めるヤツが広いからインクの出が多いわけ。
せやから締めといてちょびっとだけ戻したら、
そのちょっとの隙間にインクが入って、
書けるからボタ落ちせぇしまへんって。

ーー

あぁそういうことか…
そういうのを分かるのも面白いんですね。

西尾さん顔 カートリッジのヤツはそんなんでけへんから。
それにシャッシャッて書くのは
ボールペンが一番エエ。

万年筆は書くときは
インクを誘導したらなアカン、ある程度ね。
ボタッと最初は。
慣れてきたら書く時間によって乾かんと
スーッといく場合もある。

ーー

育てて行けばよいんですか。

西尾さん顔 そうそう、自分のペンにね。

ハハハハ

西尾さん顔   そう言う人がね
万年筆使いだしたら凝ってくる。

ーー

そうですか。

西尾さん顔 面白なって来るねん。
何も知らんかったって、書いてるうちにね、
こないしたらどないなんねんていうようにね。

ーー

はまってきますか。
もう一本くださいってなるかもしれませんね。

ハハハハ

西尾さん顔   そりゃ御願い致します。

ハハハハ

西尾さん顔   もう一本に赤のインク入れたり
緑のインク入れはったらよろしがな。

ハハハハ

西尾さん顔   ワタシはね、なんで青インク使うか言うたら、
ボールペンはみな黒でしょ。
青インクはあんまり使うこと
あれへんからエエんよ。
ブルーブラックいうこともあるけど、
黒のインクはカーボンが入っとるから
つまりやすいねん。

ーー

へー、知りませんでしたわ〜


西尾さん顔 黒インク言うたらたいがいカーボンや。
せやから青とかにしといたら大丈夫。
そら詰まるのは詰まるけど
黒ほどカーボンが無いから。

ーー

でも青ってキレイですよね。

西尾さん顔 キレイと思う。

ーー

力入れたところは濃いけど
スッと線引いたところはスゴくキレイですね。 ー

にしてもお父さん2000円は安いですね。

西尾さん顔 なんで2000円で売らはりまんねんって
みんな言わはりまんねん。
と言うのは、この部品とかがあるうちは
売ってられるけど、
もう作ってへんねんからね。

買うた人は前貰ったヤツありまっかって
来られたって無い時はね、
作られまへん、エボナイト買うて
くださいって言わなしゃない。
4000円ですって。
エボナイトでも4000円は安いと思うよ。

ーー

安いですよ。何万の世界やと思ってましたから。

西尾さん顔 そりゃねブランド品を持つステイタス
みたいなもんのために持ちはる人も
いはるやろけど、
書くことを重視する人は
そんなん関係ないからね。

ーー

ブランド品はやっぱり書き心地はいいんですか?

西尾さん顔 せやね、いいらしいね。
ワシやったらあんな高いモン買わんわ。
字もよう書かんから要らんわ。

ハハハハ

西尾さん顔   せやけど今の人
ボールペンしか知らんって人多いやん。

ーー

そうですね。

西尾さん顔 な、万年筆いうたって60年経ったら
見たことも無いわって人も出てくるわ。
インクの入れ方もわからんわいう人も
いっぱいになるよ。

ーー

今ですらワタシみたいに知らんもんも
いますからね。
興味はあるんですけどやっぱり
何万円もしたらちょとね手が出ませんでしたわ。


西尾さん顔 細書きを欲しい人は結構少ないんよね。

ーー

そうなんですか。

西尾さん顔 太書きの方が多いんやね。
よっぽど字が上手い人やな。

ーー

そんなプレッシャー与えんといてくださいよ。


ハハハハ

西尾さん顔   ペン字とね毛筆と違うのと一緒でね、
人にはそれぞれ向いてるのが色々あるよ。