もうれつな人たちヘッド1mouretsu.netホームへもうれつな人たちヘッド2
もうれつな人たちヘッド3もうれつな人たち表紙へもうれつな人たちhazimeniへもうれつな人たちvol.3第一章ページへもうれつな人たちvol.3第二章ページへもうれつな人たちvol.3第三章ページへもうれつな人たちvol.3番外編ページへもうれつな人たちvol.3西尾製作所ページへもうれつな人たちvol.3取材を終えてページへもうれつな人たちヘッド4
もうれつな人たちヘッド5
もうれつな人たち第一章タイトル

西尾さん顔   万年筆いうのはインク入れて書いてみんことには
解りまへんやろ。
いちいち書いてもらいまんねん。
書き味を見てもらうでしょ。

それを洗うわけペン先を。
コップに水をいっぱい入れるんですわ。
 

第一章メイン写真

主な万年筆の各部名称


1-1写真1


1-1写真2


1-1写真3
1-1写真3-2


ーー
 
このタイプの万年筆には中に何か
スポイトみたいなやつが入ってるんですか?

 
西尾さん顔   ビニールのチューブが入ってるんや。
昔はゴムやったんや。

これは中押しいうねんけどな。

他にテコ式いうのがあってな。
あれはレバーがパチンて落ちる分しか
インクが入らんから
あんまり入らへんねんな。

中押しは指でチューブを押して
インクを吸うねんから、もっと入るわな。

でもテコ式はカッコええで。
 

ーー
 
万年筆の歴史で言ったらどんな順番なんですか。

 
西尾さん顔   一番古いのは振り出し、次がインキ止めや。
テコ式とか。

中押しは金属を使っとかなアカンから
やっぱり開発したんちゃう。


中押しも、バネ入れて真鍮でパイプを絞って、
絞り屋さんでこういうカタチにして。
 

ーー
 
絞り屋さんってあるんですか。

 
西尾さん顔   うん、そう。

結局こういうもんはみなそうや。
はじめは小さい真鍮をボンボンボンボン
押して行くうちに
こういうカタチになっていくでしょ。
はじめからはなれへん。

4工程5工程と重ねていくうちに
カタチになって行く。
先を伸ばして絞って行く。
 

ーー
 
ほぉぉ伸びて行くんですか。

 
西尾さん顔   そう、真鍮やから伸びよる。
その型を作るのが大変やねん。
ボクらはこんなんよう作らんわな。
だからこういうもんは仕入れや。

ここに入っとるわ。
 

ーー
 
わぁスゴいですね。

 
西尾さん顔   古い新聞に包んであるわ。  

ハハハハ

 

ーー
 
昭和47年や!

 
西尾さん顔   こういうものを持ってるから修繕できるんよ。
 

ーー
 
これが無くなったら修繕できないんですか。

 
西尾さん顔   せやな。
 

ーー
 
作ってるところはないんですか?

 
西尾さん顔   こんなん作ってくれまへんがな。  

ハハハハ

 
西尾さん顔  

こんなん大変やわ、
せやから皆カートリッジにしよるんや。

ま、ペン先もね、大きさが違ってたから。
(ペン先の束が入っている箱を持ってくる

リングはリングで入れたりね。
みな後で加工するんですよ。

後日、湯通しというのはやってましたけどね。
湯通しいうのは、日本セルロイドのパイプに
板をちょっと巻いて引っ付けとくでしょ。
それをお湯の中へ浸けると柔らこうなって
「型締め」言うて型をその太さに絞り出して、
それを皮むくんやね。

皮むくいうのはろくろで削ること。
それはできるけどね。

これは首いうて首軸のことなんやけど、
ここだけはエボナイトの材料を使うんよ。
セルロイドやったらねこのペン付けるときに
燃えてしまいよるからね。
セルロイドはマッチ1本で
燃えてしまいよるからね。
エボナイトは燃えませんねん。

エボナイトは昔、ガスケット言うて
電機の材料に使われてて。
この黒いパイプ
から作ってるねん。
これを切ってね。

せやから職人さんでも1ダース作るのに
1日でなかなかできるもんやないからね。
皮むきしてエボナイトのはラッカー塗り、
ま言うたら漆塗り下地して、
ほんでするもんやから。

セルロイドと違て、
拭くとツヤが出てきよるわけ。

これ川窪言うてね、
東京でインターネットで売ってるうちの万年筆。
3万ナンボやで金ペン付けて。

  1-1写真4


















1-1写真5


1-1写真5


これバランス型言うて、一番昔の万年筆。
だんだん変わってきて、
研磨かけたら光ってきますで。
エボナイトは使えば使う程
ピカーッて光ってきよる。

 

ーー  
ペン先の金属は何ですか

   
西尾さん顔   普通のジガネ、あ、ジガネ言うても
わしペン先屋やないから分からんけど。
 
ーー  
鉄ですか

 
西尾さん顔   鉄言うことはないけど、ステンレス系統。
で金メッキですんねん。
上等はR14K。
これで見える?(ルーペでペン先を見る

ここにR14Kって書いてるでしょう。
それは金やないよ。
せやからメッキが何回もかけるほど、
ようかかってる。
はげてけえへんわけ、高級もんやから。

安もん程ピャッピャッとしなあかんし。
また電解メッキでビャッビャッと
しとるもんやから色が変わってきよる。
上等の金メッキやったら、
何年たってもくすんでても
拭いたらピカッと光ってきよる。
今の成型やったらツヤもあり、
キレイにできあがるんやけどな。

今でもセルロイドはあるよ、
一般には売ってないけど。
昔は誰にでも売ってくれて、
今は危険物扱いがキツくなって、
簡単には売ってくれへんやろな。

 

1-1写真7-1
1-1写真7-2