ノスタルジック映画パンフのお話タイトル
mouretsu.netホームへ話し手 すかたん有留夢


スターウォーズ写真4


ストーリー:「Along time ago in a galaxy far,far away, an incredible adventure took place・・・」遠い遠い昔、遙か彼方の銀河系で・・・。凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍は秘密基地から奇襲を仕掛け、帝国に対し初めて勝利を収めた。さらにその戦闘の合間に反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。それは「デス・スター」と呼ばれ惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。反乱軍指導者の一人レイア姫は宇宙に平和を呼び戻すため、その設計図を携え故郷へと急いでいた・・・。しかし、レイア・オーガナ姫(キャリー・フィッシャー)らをのせた反乱軍の戦艦はその帰還の途中、帝国軍に捕らえられてしまう。レイア姫はデス・スターの設計図をR2-D2(ロボット)に託し、脱出カプセルで脱出させる。いっしょに乗り込んだC-3PO(ロボット)とともに、R2-D2は惑星タトウィーンに到着するが、砂漠で廃品回収業を行うジャワ族にとらえられてしまう。そして彼らは砂漠で農場を経営するオーウェン夫妻(ルークの叔父・叔母)と共に暮らす青年ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)に引き取られることになった。叔父さんのもとで農場を手伝うルークは今の生活に物足りなさを感じていた。ルークがR2-D2を修理していると突然ホログラムの映像があらわれ、美しい女性が「助けて、オビ・ワン・ケノビ」と救いを求めるメッセージを発見する。しかし彼にはどうすることもできない。その晩、R2-D2が救助を求めるために行方をくらませる。翌朝、ルークとC-3POはR2-D2を探しに行き見つけるが、砂漠の蛮族タスケン・レイダーに襲われてしまう。しかし、彼らはそこへやってきたベン・ケノビに助けられた。彼のねぐらへと案内されたルークは、彼こそかつてオビ・ワンと名乗り、フォースをあやつるジェダイの騎士であったこと、そしてルークの父とともにジェダイの騎士としてクローン戦争をともに戦ったことを知らされる。しかも、オビ・ワンにはかつてフォースの暗黒面に落ち、帝国軍側に寝返ったダース・ベイダーという弟子がおり、ルークの父は彼に殺されたのだと語り、父の形見であるジェダイの武器ライトセーバーをルークに渡すのだった。レイア姫がR2-D2に託したメッセージは、オビ・ワンに反乱軍への参加を請うものであった。オビ・ワンはルークに一緒にオルデラーンに行こうと誘うが、ルークは気が進まない。ルークはオビ・ワンを宇宙港モス・イーズリーに連れていくことになったが、その途中、何者かに襲われたジャワ族の死骸を発見する。急いでルークは家に戻るが、帝国軍によって叔父夫妻は襲われ、焼き払われた後であった。すべてを失ったルークはオビ・ワンともに旅立つことを決意するのだった。宇宙港に着いたオビ・ワンとルークは宇宙のゴロつきが集まる酒場に入った。そこでミレニアム・ファルコン号をあやつるハン・ソロ(ハリソン・フォード)という男と契約を結ぶことになった。出発の直前、R2-D2を追跡して来た帝国軍の兵士の襲撃にあうが、なんとかミレニアム・ファルコンのワープ航法で追っ手を振り切る。
一方、帝国軍に捕らえられたレイア姫は執拗に設計図のありかを問いつめられていたが、口を割ろうとはしなかった。そこで、帝国軍のモフ・ターキン総督(ピーター・カッシング)はそのみせしめとして、レイア姫の故郷オルデラーンをデス・スターによってあとかたもなく破壊してしまう。ファルコン号がワープ航法から出ると、そこにあるはずのオルデラーンは既に宇宙のもくずとなっており、さらにデス・スターの磁力ビームに引き寄せられてしまう。ルークらは突撃隊員になりすまし、デス・スター内部に潜入した。オビ・ワンは磁力ビームの発生装置を破壊しに向かい、ルークは嫌がるソロに姫を助けるとほうびが出ると説得し、レイア姫を救出しに向かう。二人はチューバッカを捕らえたふりをして潜入するが、その演技も見破られ、派手に打ち合いをするはめになってしまう。何とか、レイアを救出するが追い詰められ、宇宙船のゴミため場に逃げ込んでしまう。しかも得体の知れない生き物に襲われ、さらに左右の壁がせまってくる。無線でC-3POと連絡をとり、危機一髪のところでR2-D2がコンピュータの回線を制御し何とか脱出する。そのころオビ・ワンは磁力ビームの発生装置の電源を落とすことに成功するが、ダース・ベイダーに見つかってしまう。決着をつけるべくライトセーバーで激しく戦う二人。突撃隊員らがその対決に気を取られている間に、二手に別れて逃げてきたルーク達はファルコン号に乗り込もうとする。その時、ルークとオビ・ワンの眼があった。何かを確信したのか、その瞬間オビ・ワンは動きを止めた。ダース・ベイダーのライトセーバーがオビ・ワンをとらえた一瞬、オビ・ワンの肉体はこつ然と消滅し彼の服だけが残る。それを見て思わず悲鳴をあげるルーク。それに気付いた突撃隊員たちの応戦にあうが、ルーク達はファルコン号に乗り込み脱出に成功する。しかしそれは帝国軍の策略であった。ファルコン号には追跡装置がしかけられており、反乱軍の秘密基地が惑星ヤーヴィンの衛星にあることをかぎつけられてしまう。そして、まもなくデス・スターの射程圏内にヤーヴィンが入るという。
一方、反乱軍の基地ではR2-D2の持ってきたデス・スターの設計図の分析がはじまった。そして出た結論は、小型戦闘機でデス・スターの溝にそって中央まで進み、反応炉に直結しているわずか2メートルの直径の放熱管にミサイルを打ち込み、連鎖反応を起こさせ破壊するという作戦であった。反乱軍の兵士たちがあわただしく出撃の準備を整えている時、ソロは報酬金をファルコン号につめこみ飛び去ろうとしていた。一方のルークは反乱軍パイロットとして戦闘機に乗り込み、デス・スターに向かって行った。デス・スターからの砲撃に次々と味方の戦闘機がやられていく。そんな時、ルークに「ルーク、感覚を信じろ」というオビ・ワンの声が聞こえきた。数機が溝に突入したが、帝国軍側もダース・ベイダー自らが戦闘機に乗り込み迎え討つ。反乱軍のうちの一機がミサイルを撃ち込むが、中核には届かない。そして遂にルークが溝へと突入し、自動照準機を使ってミサイルを撃とうとすると、またオビ・ワンの声が「フォースを使え、ルーク」。自動照準をはずし目標を狙うルーク。その時ダース・ベイダーの機体が間近に迫っていた。ルークを狙おうとしたダース・ベイダーの戦闘機が何者かの砲撃を受けバランスを崩しデス・スターから遠く飛び出してしまう。ハン・ソロのファルコンが戻ってきたのだった。ルークの放ったミサイルが放熱管を見事にとらえ、デス・スターは大爆発をおこし消滅した。基地に帰還したルークを迎えたのは歓喜する反乱軍の兵士たちだった。レイア姫、戻ってきたソロと抱き合い喜びを分かち合う三人。そして、大歓声に囲まれる中、ルークとソロ達はレイア姫から勲章を授与されるのであった。(20世紀フォックス配給*2時間1分〈特別編:2時間6分〉)

受賞記録
第50回 アカデミー賞(1978年) 編集賞  ポール・ハーシュ、マーシア・ルーカス、リチャード・チュウ
作曲賞  ジョン・ウィリアムズ
衣装デザイン賞  ジョン・モロ
美術賞
視覚効果賞
音響賞
第35回 ゴールデングローブ賞(1978年)
最優秀作曲賞  ジョン・ウィリアムズ
第3回 ロサンゼルス批評家協会賞(1977年)
最優秀作品賞
最優秀音楽賞
他多数の賞を受賞している

スターウォーズ写真